「ロスメルスホルム」公式サイト

Introduction

作品について



「近代演劇の父」イプセン「日本演劇界の巨匠」栗山民也

理性、情欲、打算、ひとたび均衡が破れた時、現れてくるものとは ―――


「近代演劇の父」と称されているノルウエーの劇作家ヘンリック・イプセン。世界中で今もなお上演され続けている『ペール・ギュント』『人形の家』『野鴨』『ヘッダ・カブラー』など、現代を生きる私たちの心にも訴えかける名作を数多く世に残しています。

1886年に書かれた『ロスメルスホルム』は、古く凝り固まった時代から新しく解放されつつある時代の中、保守的な思想と進歩的な思想の人々との対立を、緊張感のある心理描写で描いた人間ドラマです。

この、イプセンの作品の中で最も複雑で多面的な演劇という評価がある一方、最高傑作のひとつともいわれる本作品を、2019年読売演劇賞大賞・最優秀演出家賞に輝いた日本演劇界の巨匠・栗山民也が手掛けます。観客の想像力を刺激する演出とともに、物語のもつ命題にどのように迫るのか注目です。



主演・森田剛、ヒロイン・三浦透子

初共演となる2人がぶつかり合う人間ドラマ


主演は映像・舞台問わず数多くの作品で、硬軟様々な表情を魅せる森田剛。ロスメルスホルムと呼ばれる屋敷の主で、妻を失うもレベッカの支えで立ち直り、新たな時代に向けて前向きに生きようとするヨハネス・ロスメルを演じます。

ヒロインは、映画「ドライブ・マイ・カー」で大きな注目を集め、近年話題作に多数出演するほか、歌手としても活動する三浦透子。ロスメルスホルムに下宿し、亡き妻に代わって家の一切を仕切り、ロスメルにも強い影響を与えるレベッカを演じます。

ロスメルとレベッカの本当の関係にはいったいどのような感情が隠されているのか……

共演には、保守的なロスメルの義理の兄クロル教授に浅野雅博。急進派の新聞編集者モルテンスゴールに谷田歩。ロスメルの子供時代の家庭教師で大きな影響を与えるブレンデルに櫻井章喜。そしてロスメルスホルムの出来事を静かに見守る家政婦へルセット夫人に梅沢昌代と、確かな演技力を持つ俳優が顔を揃えます。

ロスメルスホルム(ロスメル家)で繰り広げられる奥深い人間ドラマにどうぞご期待ください。

Story

ものがたり

歴史と伝統に縛られたロスメルスホルムと呼ばれる屋敷には、所有者ヨハネス・ロスメル(森田剛)と家政婦のヘルセット(梅沢昌代)、そしてロスメルの自殺した妻ベアーテの兄・クロル教授(浅野雅博)の紹介により、レベッカ(三浦透子)という女性が下宿人として住んでいた。

ある日、ロスメル家を訪ねたクロル教授は、モルテンスゴール(谷田歩)が掲げる「新しい進歩主義」に対抗すべく、ロスメルを保守派に引き込もうとするが、ロスメルはレベッカの影響でこの古い体質から解き放たれようとしていた。

ロスメルは若い頃、家庭教師だったブレンデル(櫻井章喜)という自由思想家に影響されていて、レベッカは、その彼の後を継ぎ、自分こそがロスメルを自由にすることができる人物だと信じていたのだ。

説得を試みるクロルはレベッカがベアーテを死に追いやった原因だと告げる。「進歩主義の同志」というレベッカへの気持ちは愛情だったのかと気づくロスメル。心に罪を抱いたロスメルとレベッカがとった道とは……。

Cast

出演者

  • 森田 剛

    森田 剛

    森田 剛

    台本を読んで、緊張感のある会話の中でのシーンが深く描かれていて、暗く重たいストーリーではありますが、自分にとって大きなチャレンジになる作品だと思うので、稽古が始まるのが今からとても楽しみです。
    栗山さんの作品は、ステージの空間と俳優たちの立ち位置がすごく計算されていて綺麗で、今回ご一緒できることになって、演出を受けられることはとても嬉しいです。この作品はきっとご覧になる方にとっても、凄く集中力と体力がいると思いますが、きっと大きなものを感じてもらえると思います。
    1979年2月20日生まれ 埼玉県出身。95年、V6のメンバーとしてCDデビュー。2021年に解散後、俳優として新たなスタートを切る。近年の主な出演作に【舞台】『みんな我が子』(22)、『FORTUNE』(20)、『空ばかり見ていた』(19)、【ドラマ】『インフォーマ』(23・KTV)、『ハロー張りネズミ』(17・TBS)、『リスクの神様』(15・CX)、【映画】『前科者』(22)、『ヒメアノ~ル』(16)など。自身がプロデュースした映画『DEATH DAYS』(21・22)が公開されるなど、活動の幅を広げている。

  • 三浦 透子

    三浦 透子

    三浦 透子

    時代と国を超えて残ってきた作品に触れること自体学びがあり、純粋にこの作品に関われることは意味のある貴重な体験になると思いますし、すごく嬉しいです。
    実際今を生きている自分が今の心で読んでも、考えさせられる部分や、刺さる言葉の強さを戯曲から感じるので、繰り返し読みたいですし、自分の中で生まれてくる解釈を楽しみたいと思います。
    栗山さんとご一緒出来るのは光栄です。集中したくなるような素敵な空間と時間を作れるように頑張りたいと思います。
    1996年10月20日生まれ、北海道出身。02年にサントリーのCM「なっちゃん」で2代目なっちゃんとしてデビュー。以降、ドラマ・映画と映像を中心に活躍。映画の主題歌を務めるなど歌手としても活動をしている。近年の主な出演作に【舞台】『Secret War-ひみつせん-』、ミュージカル『手紙』2022(22)、『染、色』(21)、【ドラマ】『大奥』(23・NHK)、『ブラッシュアップライフ』(23・NTV)、『エルピス-希望、あるいは災い-』(22・CX)、『鎌倉殿の13人』(22・NHK)、『カムカムエヴリバディ』(21・NHK)、【映画】『山女』『飛べない風船』『そばかす』『余命10年』(22)、『ドライブ・マイ・カー』(21)など。

  • 浅野 雅博

    浅野 雅博

  • 谷田 歩

    谷田 歩

  • 櫻井 章喜

    櫻井 章喜

  • 梅沢 昌代

    梅沢 昌代

Staff

スタッフ

  • 原作:ヘンリック・イプセン

  • 脚色:ダンカン・マクミラン

  • 演出:栗山 民也

    栗山 民也

    イプセンの作品と出会うたび、独特な劇世界の中に喜びとも迷いとも分からぬまま、その言葉の海に漂っていたことを覚えています。それは、物語のぎりぎりのところでいつもはぐらかされ、方向性の見えぬどこか遠くへと連れ去られてしまった感覚なのです。でも、それが人間の在り方そのものでしょ?と問われたら、なるほどと頷いてしまうのですが。
    まるでギリシャ劇の運命に揺れる人間たちのように、イプセンの描いた人物たちはとても雄大にも見え、あるときはひどく愚かで滑稽で、だからこそ愛おしく、必死にたくさんの言葉を目の前のあなたに投げつけてくるのです。
    なんだか人との関わりに距離をとってしまう今の乾き切った時代だからこそ、必死に何かを探し続ける、そんな出会いを夢中で求めてしまうのです。
    東京都出身。早稲田大学文学部を卒業後、小沢昭一氏に師事。その後は木村光一氏の演出助手を経てフリーの演出家となる。ストレートプレイからミュージカルやオペラまで幅広く活躍し、2000年から7年間、新国立劇場演劇部門の芸術監督を務める。芸術選奨文部科学大臣賞、紀伊國屋演劇賞、朝日舞台芸術賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞、毎日芸術賞千田是也賞、他、数多くの演劇賞を受賞。13年には紫綬褒章を受章。近年の主な舞台演出作に、『海をゆく者』『闇に咲く花』『メデア』『きらめく星座』『ケンジトシ』(23)、『夏の砂の上』『凍える』『頭痛肩こり樋口一葉』『恭しき娼婦』『貧乏物語』『ピアフ』『hana-1970、コザが燃えた日』(22)、『ザ・ドクター』『彼女を笑う人がいても』『スリル・ミー』(21)など。


  • 翻訳:浦辺千鶴 美術:長田佳代子 音楽:国広和毅
    照明:小沢 淳 音響:井上正弘 衣装:前田文子 ヘアメイク:鎌田直樹
    演出助手:神野真理亜 塩屋愛実 舞台監督:下柳田龍太郎

  • 宣伝写真:渞 忠之 宣伝スタイリスト:菊池志真
    宣伝ヘアメイク:林摩規子(森田剛) 山口恵理子(三浦透子) 宣伝デザイン:柳沼博雅

  • 企画・製作:TBS/サンライズプロモーション東京

Ticket Information

公演概要


愛知公演

日 程
2023年10月28日(土)・29日(日)
10月
28 29
13:00
17:00


会 場
穂の国とよはし芸術劇場プラット MAP


チケット
S席¥10,000/A席¥7,000(全席指定・税込)


お問合せ
プラットチケットセンター
☎0532-39-3090(休館日を除く 10:00~19:00)


主 催
公益財団法人豊橋文化振興財団


共 催
豊橋市



福岡公演

日 程
2023年11月3日(金・祝)~5日(日)
11月
3 4 5
13:00


会 場
キャナルシティ劇場 MAP


チケット
S席¥11,000/A席¥9,000(全席指定・税込)


お問合せ
キョードー西日本
☎0570-09-2424(平日・土曜日11:00~15:00)


主 催
TBS、サンライズプロモーション東京、RKB毎日放送


後 援
福岡市



兵庫公演

日 程
2023年11月10日(金)~12日(日)
11月
10 11 12
13:00
18:00


会 場
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール MAP


チケット
全席指定¥11,000(税込)


お問合せ
芸術文化センターチケットオフィス
☎0798-68-0255


主 催
兵庫県、兵庫県立芸術文化センター



東京公演

日 程
2023年11月15日(水)~26日(日)
11月
15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
13:00
18:00 休演
18:30
:追加公演。詳細はこちらからご確認ください。

11/26(日)千穐楽公演の生配信が決定!詳細はこちらから!


会 場
新国立劇場 小劇場 MAP


チケット
全席指定¥12,000(税込)


お問合せ
サンライズプロモーション東京
☎0570-00-3337(平日12:00~15:00)


主催・製作
TBS、サンライズプロモーション東京


後 援
新宿区
ページトップへ